Entry: main  << >>

サンサーンス 交響曲第3番のこと メンデルスゾーン、エルガー、Liberaまわり

 

FB投稿から 8時間前

 

IPadminiを片手に、↑これに聴き入りながら玄関のお花に水をやって来たはいいが、帰りにいろいろ干物を持って上がろうとして玄関ドアに思い切りお尻を突かれて入って来た。

 

それはいいけどこれを聞くとベートーヴェン、シューマン、そしてメンデルスゾーン!(エルガーのエニグマ-nimrodを考える時もメンデルスゾーンに顕著に該当する和声進行は重要だ http://reicahier.jugem.jp/?eid=68 )、ブラームス、エルガー以降の英国、スラブや北欧作曲家、チャイコフスキーやマーラーのことを考えちゃうのはもちろんだけど、シューベルトの第10交響曲のことも何だか思う。。なんだろう。。

(※こう書くと安易にブルックナーに結び付けられるのはいやだなあ...そうじゃない)

 

シューベルトとこの曲との関係だと、未完成交響曲における Dies Irae(Gregorian Chant)のなぞらえの受継について語られるだろうが、私がシューベルトの「第十」交響曲を想念するのは、未完成symが「第十」のある意味での再挑戦(といっても 焼き直し以上の意味を何らか持つもの)、として感じられ、サンサーンスがその意志を受けついているようにも感じられる、のかもしれない...。


シューベルト 第十 は、サンサーンスがsym3を書く(1850頃)までにもう手に入ってor 知っていてもおかしくはないかな。

 

この前の記事(http://reicahier.jugem.jp/?eid=84)で クロスオーヴァークラシカルのソプラノ少年合唱ユニット Libera について書いたときも、

彼らの歌う曲の影響の中で、フォーレのみならず師匠のサン=サーンスの存在は大きかった(RPrizemanがオルガニストだったことも大きいだろう)し、実際このフィナーレを模した曲もあるので、昼間聞いていたのだが。

 

---------------------------

 

付記(TWより 180810)

 

サンサーンス。シューベルトから直接彼に向かう線。シューマンを間に介して向かう線(フォーレの伏線)。両方にメンデルスゾーンの和声進行がからむ形の場合(→エルガー)。メンデルスゾーンからじかに彼に行く線。

シューマンから直に彼に行きこれまたフォーレを呼び込む線。総じてエルガー、チャイコのこれらへ向ける視線。

 

| Rei八ヶ岳高原2 | 03:07 | comments(0) | trackbacks(0) | twitter-reiのHOME | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

当BLOGの目次

-------▼「目次」------

目次誘導
電子出版予定 コピー禁止
メモ書き記事では、かならずしも論証例示は多くなし
ReiのMain Photo blogへ誘導LINK

Profile


Rei

soundcloud

Reiのtwitter-HOME

Archives

Category

Favourite

Reiko Suzuki

バナーを作成

Search

Link

Feed

Others

-Powered by Jugem-

Mobile

qrcode

Recommend