Entry: main  << >>

Elger(Enigma Nimrod)-RSchumann(op133/WoO 23)-Beethoven

Elger(Nimrod)-RSchumann(op133/WoO 23)-Beethoven Geister trio/Sym9 mov3 etc...

12月19日 17:15 · 

シューマンの暁の歌op133を合唱でやっているのがないかなと思ったがなかった。それがあればエルガーのnimrodとの親和性が、説明つきやすいのに

Schumann: Gesänge der Frühe, Op.133 (Uchida, Schiff)

Schumann’s Gesänge der Frühe (Songs of Dawn) are the last…

YOUTUBE.COM

 


 

シューマンの暁の歌と、vn concerto WoO 23 天使(霊)の主題のところ、

 

ベトの第九3楽章が(も)彷彿する。

Beethoven - Symphony No. 9 - Mov. 3

Pastoral Visit to the Archdiocese of Milan and 7th World Meeting of Families (June 1-3, 2012) Visita Pastorale…

 

※ここにも エルガー エニグマ↑nimrodが。

 

第九の3楽章って、遥かなる…とかエリーゼとも関係したっけかな。他、いろいろAndantefavoriや色々なピアノソナタ...

その日によってくるくる変わる

 

2015年12月20日 17:41 には、FBに書いている

-----------------------
そういえば今朝やっていた第九の、指揮者のルネレイボヴィッツ(だと思った。ちがうかな)の演奏が変わっていて(あれこのひと作曲にむしろ興味があって、第九を第九らしく演奏することより色々な曲との連関性を重視しているのじゃないかなと思わせるスタイル)、第三楽章を聞いていたときあれこれはピアノソナタの、たしか2楽章構成のもののフィナーレ部分と同じだなとおもったところがあった。今調べたら第27番,Op.90第2楽章のフィナーレだな〜♪ ベートーヴェンらしくなく?執拗さがなくてあっさり終わるあの箇所

ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ 第27番 ホ短調 第2楽章,Op.90

 

 https://m.youtube.com/watch?v=iu-bfeZOY1w

 

------------------------------

 

そして今日は、彷彿するこれ。

Sviatoslav Richter:Beethoven Sonata Pathetique 2nd mov.

 


Pathetic mov2は、直接には幽霊geister trio(第九mov3にも、グレイトのドレミラシド…のように転がり現れる)とつながっていて、そこからRsch Vnc mov2へつながる、という方がわかる。また第九mov3にも? pathetic mov2の悲しい展開部がエリーゼにつながるともいえる

 

 

patheticは、1798-9とあるが、9年だろう。???

ジョゼフィネと出会ってすぐに書かれたろう。この曲は彼女自身である。


 

 

テレーゼ(ベートーヴェンは、秘儀敢行のため、<ジョセフィーネを常にテレーゼと付帯させつつ>表現せざるをえなかった)は、この2楽章のひねりともいえるし、エリーゼでもあるのだ

 


ちょっとおもしろいblog↓

https://sonarmc.com/wordpress/site01/2014/12/17/エルガー「エニグマ変奏曲」の謎/

エルガー「エニグマ変奏曲」の謎 | Sonar Members Club No.1 | since September 2012

 

てか第九の3楽章は、シューマンvnコンチェルト自体がそうなんだよなー。

2楽章

https://m.youtube.com/watch?v=YLod6Ra6f08

Full length - Schumann: Violin Concerto / Frank Peter Zimmermann

 

これが第九の3楽章と通じる。これはElger nimrodとも。https://m.youtube.com/watch?v=R_CP82XN510

 


Beethoven Bagatelles op126-3。この曲もきわめてnimrodに近い(くわしくは次の記事69番の付記にて)。

つまりベートーヴェン自身が、Geister-Code から ナカ1音取り外す、という枯淡で旋法的な新境地の術策を、施していた。第九mov3・後期SQ以外にも、Bagatelles op126-3で! エルガーは、nimrodにおけるこの秘技の敢行者であると私は思う。

 

それとエルガーはシューマンを「わが理想」と言っていたと書かれてあるが(Wiki)、サンサーンスからフォレ、そしてエルガーへと通じる、ことにオルガンでの和声進行にはメンデルスゾーンの影響が極めて大きいと改めて感じる。それはエルガー自身以前に、サンサーンスを聞いていてもそうだ。(関係記事 http://reicahier.jugem.jp/?eid=88 http://reicahier.jugem.jp/?eid=84

 

------------------------------

 

付記

180801

 

そういえば、一昨日だったか小澤征爾復活のニュースを見ている時、彼の万感を込めて指揮するベートーヴェンの最後期(SQ) 弦楽四重奏曲第16番 (ベートーヴェン)" 第16番 ヘ長調  Op.135 ちょうど mov3 緩徐楽章)が流れていたのだけど、その時ああ、これもエルガー!(エニグマ、ことにnimrod——大体エニグマはnimrodが出発点になっている作品のようなものだ?)と思ったので、それも書いておく。

 

------------------------------

 

おまけ。

2015年ごろまでははっきり書かれていなかったが、今では永遠なる恋人はやっぱりジョゼフィネのほうにしぼられていた。

つくづく思うに、べートーヴェンは、1803年以降(否1798?-9年以降)ほんとうに一途に、たった一人の女性にしか己の熱情と思いを語っていない...。涙)

 

 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/不滅の恋人

| Rei八ヶ岳高原2 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | twitter-reiのHOME | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

当BLOGの目次

-------▼「目次」------

目次誘導
電子出版予定 コピー禁止
メモ書き記事では、かならずしも論証例示は多くなし
ReiのMain Photo blogへ誘導LINK

Profile


Rei

soundcloud

Reiのtwitter-HOME

Archives

Category

Favourite

Reiko Suzuki

バナーを作成

Search

Link

Feed

Others

-Powered by Jugem-

Mobile

qrcode

Recommend