Entry: main  << >>

Beethoven an die ferne Geliebte & R Schumann op39-12,op14,op17,op68 etc...

Spotifyでたまたま出てきたのが

 

to the distant beloved Louis Lortie Piano

to the distant beloved Louis Lortie Piano

 

この中のLiederkreis, op. 39-12だったが

 

ああー グランドソナタop14(=op17 などあまた、なのですが これの場合 op14に、自分にとっては親和性。実際 終結部では最も一致。メタモルフォーゼにより色々と射程が広がるが)と同じ 下降旋律が〜♡

 

もちろんBeethoven由来の二人の暗号(だと自分ではいろいろ聞いてきて、アレ『ら』(※キマイラだからひとつともいえる)がコレと思ってる 世間的にもすでにきっとそう)のところ♪

 

あらためて、おめでとうございます♡ ^^♪

 

シューマンの おや 何やら聞き覚えが... というのはいつも、懐かしい♡

 

えもいわれぬ程遠くから ”襲来” するノスタルジーとともに、なじみ深いものが 何とも新鮮に 再帰する♪

 

※...前の記事でも触れているから省略 笑)

 

 

 

お。今 Liszt の an die ferne Geliebte S469 を聞いているが、(編曲されずとも元 = Beethoven の曲自身のある部分に通じるもの op98 etc..)として、 Op68(R Schumann)も、色々想起されてきた。

 

やはりOp68は家庭的な音楽なだけある...。

ミニョン Mignon は、確かにアレ( A favori WoO 57 = An die ferne Geliebte op98 = An Die Geliebte WoO 140 = Mignon op75-1 1809 = Elise = Ghost Op.70 = Therese & Josephine etc..Chimera Χίμαιρα)だけど、新しい恋人アントーニェに対してのみの語りというには、やや悲しい、、、やっぱりあれ(Josephineの娘 Minona—anonim) は、これのもじりでもある、か。。

この曲(Beethoven's Mignon)が、どこか告別に似(告別 Liebewohl はこの曲の直後に書かれる 1809-10)、同時に A Therese Psonata No24 にも似ていることを思えば、あながちハズレでもないかも...。

 

そう。Schumannの Mignonミニョン(op68)もさることながら、Beethoven自身のあれこれに通じるも、ことにテレーゼ Therese (Opus 78 À Thérèse No24————それも、Andante favoriをも髄しつつ?) をやはり想い起こすことからも、後々関係する Minona (anonim)の 名は、Mignonにも当(宛)てているのかな...。

| Rei八ヶ岳高原2 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | twitter-reiのHOME | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

当BLOGの目次

-------▼「目次」------

目次誘導
電子出版予定 コピー禁止
メモ書き記事では、かならずしも論証例示は多くなし
ReiのMain Photo blogへ誘導LINK

Profile


Rei

soundcloud

Reiのtwitter-HOME

Archives

Category

Favourite

Reiko Suzuki

バナーを作成

Search

Link

Feed

Others

-Powered by Jugem-

Mobile

qrcode

Recommend